勾配天井とは? メリット・デメリットや後悔しないためのポイントを解説します

勾配天井とは? メリット・デメリットや後悔しないためのポイントを解説します

お家を建てられた友人や親戚の方から「勾配天井」という名称を聞いたことはありますでしょうか? 近年、空間に開放感をもたらしてくれる勾配天井は非常に人気があり、特に若い世代においての需要が高まっている傾向にあります。

そこで今回は、勾配天井のメリット・デメリットや、採用してから後悔しないために事前に把握しておきたいポイントについてご紹介します。新築のお家で勾配天井を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

勾配天井とは

勾配天井とは

「勾配天井」とは、屋根の傾斜に合わせて斜めに造られた天井のことを指します。一般的に天井は水平に設置されるため、天井裏や屋根裏といったデッドスペースが発生します。しかし、勾配天井では天井裏を作らずに吹き抜けのような空間を実現するため、デッドスペースがありません。

勾配天井は主に平屋や2階のリビング、ダイニング、寝室など、屋根の下の場所に設置されることが多いです。また、建築の構造や予算の制約から、一部の区画にのみ勾配天井を採用する場合もあります。

【併せて読みたい関連記事】
平屋で人気の片流れ屋根とは? 外観実例やメリット・デメリットをご紹介します

勾配天井にするメリット

勾配天井にするメリット

お家に勾配天井を採用することによって得られるメリットや効果についてご紹介します。

・部屋に開放感が生まれる

勾配天井における最も顕著な利点は「開放感」です。天井の高さが増すことで、視線が縦に広がり、空間全体がより広々と感じられるようになります。

また、天井を明るめの色のクロスにしたり、壁を濃い色にしてアクセントを加えるような工夫を施すことで、空間に立体感が生まれ、さらに開放感を感じやすい空間にすることが可能です。

・高い位置の窓から日の光が入りやすい

勾配天井を採用することで部屋の高さが増すため、通常よりも高い位置に窓を配置することができるようになります。

高い位置から光を取り入れることで、部屋全体を明るく照らす効果や、天窓のような雰囲気を演出することができるという効果をもたらします。また、窓を高い位置に設けることで、隣に建物があっても室内から空を見ることができるかもしれません。

さらに、通気性においてもメリットがあります。高い位置に窓を配置することで、部屋の風通しを向上させることができるためです。

・おしゃれなデザインを取り入れやすい

構造上の梁を意図的にデザインの一部として見せることや、デザイン目的のために飾り梁を取り付けることによって、おしゃれな空間を演出することが可能です。このように勾配天井は、家づくりにおける楽しみの幅が広がる要素としても活躍します。

勾配天井にすることで後悔しやすいデメリット

勾配天井にすることで後悔しやすいデメリット

一方、勾配天井ならではのデメリット・注意点もあります。

・電球交換が大変

先述した通り、勾配天井は一般的な住宅よりも高い位置になるため、照明器具の取り付け位置も高くなります。そのため、照明の電球を交換する際に手間がかかり、面倒に感じてしまうでしょう。通常の天井であれば家族の誰かが手軽に交換できるかもしれませんが、勾配天井では手が届かないため、踏み台や脚立を使って交換する必要があります。

しかし、天井高が5メートルにもなると、踏み台や脚立でも届かない場合があります。そのような際には、工務店やハウスメーカーに依頼して電球の交換を行わなければなりません。ただし、即日対応してもらえる場合もあれば、数日間照明が使用できない状況が生じる場合もあるため注意が必要です。

・メンテナンスが大変

加えて注意が必要なのは、メンテナンス費用です。シーリングファンの掃除などは定期的に行う必要がありますが、高い位置に設置されている場合、自分で行うのは難しいため、業者に依頼する必要が出てくるかもしれません。

また、高い位置に窓を設置している場合、カーテンを取り付ける際には電動式が一般的ですが、故障した場合に修理が必要となります。

・暑さを感じやすい

勾配天井は、その天井の高さゆえに熱気がたまりやすく、暑さへの対策が欠かせません。例えば窓を設けることで外からの風を通すことができますが、逆に窓から差し込む日差しによって室内が暑く感じられることもあります。

また、部屋が広い場合、エアコンの効率が低下する点も考慮が必要です。

後悔しない勾配天井の家を建てるためのポイント

後悔しない勾配天井の家を建てるためのポイント

勾配天井のメリット・デメリットについて紹介しましたが、続いて、勾配天井を採用してから後悔しないために事前に把握しておきたいポイントついてご紹介します。

・シーリングファンを設置

シーリングファンは、上に溜まりやすい暖かい空気を攪拌して、室内の気温を均一化する効果があります。これにより、冷暖房の効率が改善され、電気代の削減にもつながるでしょう。また、勾配天井との相性も良く、デザイン的にも魅力的な雰囲気を演出してくれます。

メンテナンスを考慮する場合は、シーリングファンを床から脚立でも届く高さに設置することが重要です。製品の指定された床や壁からの距離を守る必要があるため、製品選びの際にはその点を意識しましょう。

・照明選びにこだわる

メンテナンスしやすい照明器具を選ぶことが重要です。勾配天井は天井の高さが魅力ですが、照明器具の掃除や交換などのメンテナンスが難しいという欠点もあります。もし天井に照明器具を設置したい場合は、脚立で届く高さに吊るせる「ペンダントライト」など、メンテナンスがしやすい選択肢を考えましょう。

また、勾配天井や梁にダウンライトを取り付けたい場合もあるかもしれませんが、ダウンライトはメンテナンスや修理が難しくなる可能性があります。事前に電球交換などのメンテナンス方法を確認するために、脚立などを使ってアクセスできるかどうかを確認しましょう。

さらに、明るさのメリハリをつけるために、間接照明も考慮してみてください。大型の照明器具ではなく、スポットライトやスタンドライトなどの間接照明を使うことで、温かみのあるおしゃれな空間を作ることができます。

「勾配天井のお家を建てたい!」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格