かわいい北欧風のお家を建てたい! 憧れのおしゃれなお家に仕上げるためのポイントをご紹介します

かわいい北欧風のお家を建てたい! 憧れのおしゃれなお家に仕上げるためのポイントをご紹介します

北欧風のお家と聞くと、インテリア雑貨ブランドとして代表的なIKEAのようなカラフルな家具や、マリメッコのファブリックなどを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。北欧デザインは日本でも人気が高く、最近は北欧スタイルの住宅に住みたいという人が増えてきています。

そこで今回は、かわいい北欧風なお家を建てるためにこだわりたいポイントについて、外観と内装に分けてそれぞれご紹介いたします。北欧スタイルのお家を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

北欧風のお家とは

北欧の家には、木の温もりを感じさせる暖かいイメージのインテリアやオシャレなランプ、楽しく明るい柄のファブリックなどがあります。また、自然な木目のインテリアにアースカラーのソファやラグ、そして植物柄のカーテンなどが北欧風イメージとしてよく用いられています。温かみのあるヴィンテージ風のインテリアやかわいらしいランプ、ファブリックを揃えることで、自分だけの素敵な北欧風の空間が作ることが可能です。

従来の北欧風住宅の外壁には、深い赤やグレイッシュカラーのものがよく見られます。この赤い外壁は、酸化第二鉄を主成分とする「ベンガラ」と呼ばれる塗料が使われており、日本でも古くから木材の防腐効果や耐久性を高めるために利用されてきました。北欧の厳しい自然環境下で大切な住まいを守る役割を担っています。

しかし、近年ではモダンデザインを取り入れた北欧風の住宅も増えてきており、外観はモダンに仕上げ、内装に北欧風デザインをふんだんに取り入れるという傾向が現れています。

かわいい北欧風なお家の外観ポイント

まずは、かわいい北欧風なお家をたてるために、「外観」でこだわりたいポイントについてご紹介いたします。

・三角屋根

三角屋根

北欧では、雪が多く積もるため、建物の屋根には勾配のある三角屋根が一般的に使われています。このデザインは実用的な理由から生まれたものではありますが、日本ではその形状がおしゃれでかわいい外観を演出するポイントの一つになっています。

また、屋根材には洋瓦や混ぜ葺き瓦、シングル材、ガルバリウム鋼板などが用いられることが多いです。これらの材料を活用することで北欧風の雰囲気を表現しやすくなるため、この中からより好みに近いものを選んでみてください。

・ツートンカラーの外壁

ツートンカラーの外壁

北欧住宅の外壁に用いられる色としては、アースカラーの白やベージュが一般的ですが、近年ではツートンカラーの外壁もよく見られます。例えば、淡いグリーンとホワイトのツートンカラーにすると爽やかで明るい印象に仕上がりますし、あるいはネイビーとベージュにのツートンカラーを採用すればスタイリッシュさの中にもかわいらしさが滲み出てくるような趣の外観に仕上がります

また、外壁の色を張り分ける以外にも、妻飾りやサッシ、玄関ドアなどの色を変えてツートンカラーにするデザインも人気です。

・木製の玄関ドア

木製の玄関ドア

玄関のドアには、重みのある木製のものがおすすめです。北欧メーカーの製品を色々と見てみるのが良いでしょう。木製のドアを玄関に採用することで、重厚感がありつつも温かみのある雰囲気で家族や来客を迎え入れられることができます。

木質の中でも高品質で天然素材のものを使用することをおすすめします。

・白い窓枠

白い窓枠

額縁のような白い窓枠も、北欧風住宅の特徴の一つです。この窓枠周辺にはモールディングと呼ばれる装飾材が取り付けられていて、豊かな印象やあたたかさを表現することができます。

・ウッドデッキ

ウッドデッキ

玄関・庭・ベランダなどに「ウッドデッキ」を設置することもおすすめです。ウッドデッキは木の素材感が外観に温かみを与え、北欧らしい雰囲気の演出に繋がります

また、ウッドデッキを設置することで、洗濯物を外に干しやすくなったり、庭先でくつろぎやすくなったりといった実用面でのメリットを得ることもできます。

かわいい北欧風なお家の内装ポイント

続いて、「内装」でこだわりたいポイントについてご紹介します。

・アースカラー・アクセントカラーの配色

アースカラー・アクセントカラーの配色

北欧スタイルの内装では、自然をイメージさせる白やグレー、ベージュなどのアースカラーが基調となります。そしてアースカラーを基調としたインテリアに、ラグやファブリックパネルなどで鮮やかな色を取り入れることにより、アクセントのある印象的な空間に仕上げることができます。特に壁面の一部にアクセントカラーを取り入れることで、北欧スタイルの内装を表現しやすいためおすすめです。

・ぬくもり感じる素材

ぬくもり感じる素材

北欧風のお家では、自然素材が多く活用されます。例えば、パイン材のような無垢材やレンガ、珪藻土、漆喰の壁などを活用することで、自然な風合いや暖かみのある空間が作ることが可能です。

また、照明は明るくなりすぎないようにしましょう。間接照明・スタンドライト・キャンドルが重なり合うような配置にすることで、家での時間を大切にする北欧風の内装に近づきます。

・おしゃれな北欧家具や北欧ブランド

おしゃれな北欧家具や北欧ブランド

その他、北欧風のデザイン要素を取り入れた北欧家具や北欧ブランドのインテリアを配置して、内装に統一感を持たせるようにしましょう。

北欧の人々は、いかにして室内での時間を快適に過ごすかを考えて暮らしてきました。そのようなこだわりが込められた北欧家具や生活雑貨は、飽きのこないシンプルなデザインの中にもかわいくておしゃれな遊び心が含まれています

ただ、北欧風の家具と一口に言っても近年ではそのバリエーションが多種多様なため、なるべく近いトーンで合わせるようにして、ちぐはぐな印象の仕上がりにならないよう注意が必要です。

かわいい北欧風のお家で後悔しないためのポイント

かわいい北欧風のお家で後悔しないためのポイント

最後に、北欧風のお家を建てて後々後悔しないためにも、事前に取り組んでおきたいポイントについてご紹介いたします。

・カラーシュミレーションを活用する

外壁の色を選ぶ場合、塗料カタログだけでなく、カラーシミュレーションも参考にするようにしましょう。

塗料カタログに掲載されている色見本は小さく、完成イメージがつかみにくいため、外壁に塗布した際に思っていた色味と異なるように感じてしまうことが少なくありません。そのような事態を避けるためにも、色はカタログだけで選ぶのではなく、カラーシミュレーションを使って全体の雰囲気をつかみ、できればA4サイズの色板を外に持ち出して、外壁にかざしイメージを確認していくことをおすすめします。

・断熱性・気密性を高く

断熱性・気密性を高くし、室内の温度が保たれるお家づくりを目指しましょう。北欧風のお家に近づけるポイントとして大きめの窓をご紹介しましたが、大きな窓を取り付けることにより家の暖かさが逃げていきやすくなるデメリットもあります。

そのため、断熱性・気密性の高い木製サッシや三層ガラスを窓に活用することをおすすめします。日中は太陽の光をしっかり取り込みつつも、部屋の温度を下げない工夫を心がけてください。

・トータルプロデュースはプロに頼む

北欧風のお家の施工実績が豊富な工務店・住宅メーカーに頼むことで、頭に思い浮かべているような理想のお家を形にすることができます。

プロのコーディネーターに相談して、カラーリングや照明、インテリア選びなど、細部にわたるデザインまであなたの要望をしっかりと伝えるようにしましょう。全てを自分で考えるとちぐはぐな印象に仕上がるリスクがありますが、プロであれば、あなたの要望に応えながらも一貫性のある世界観を作り上げることができます。

「かわいい北欧風のお家を建てたい!」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格