平屋にガレージハウスを建てるメリットとは? 使いやすく快適なガレージハウスづくりのポイントをご紹介します

平屋にガレージハウスを建てるメリットとは? 使いやすく快適なガレージハウスづくりのポイントをご紹介します

愛車やバイクに情熱を持つ人にとって、ガレージと住宅が一体化したガレージハウスは憧れの住まいと言えるのではないでしょう。ガレージは単なる車庫ではなく、アウトドア用品やガーデニング用具の収納スペースとしても活用でき、自分の趣味を楽しむプライベートな空間にもなり得ます。

また、ガレージハウスは狭小住宅向けと見られがちですが、実際には平屋とも相性が良く、2階建てや3階建ての住宅にはないさまざまな利点を享受できるものです。

そこで今回は、平屋の一般住宅にガレージを設けるメリットと注意点についてそれぞれご紹介します。後悔しないために事前に把握しておきたいポイントについてもご紹介していますので、ガレージの設置を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは

一般的な住宅における駐車スペースは、ほとんどが屋外駐車場型やカーポート型ですが、ガレージハウスはそれらの駐車スペースとは異なり、住宅とガレージが一体化してるタイプのものを指します。

このように一体化したガレージは、「インナーガレージ」または「ビルトインガレージ」と呼ばれます。外観が洗練されており、所有する車の存在をより身近に感じることができるため、愛車を抱える家族に人気がある駐車スペースです。

平屋ガレージハウスの魅力的なメリット

平屋ガレージハウスの魅力的なメリット

平屋の一般住宅にガレージハウスを設けることによるメリット・効果についてご紹介します。

・生活動線が良くなる

平屋の最大の利点は、生活のすべてが同じフロアに集約されていることです。生活動線が短くまとめられている場合、ガレージとの連絡があれば、快適さがさらに向上するでしょう。

例えば、悪天候の日でも傘をさす必要なく車まで移動できます。また、大量の買い物をした場合でも、荷物を運び込むのに手間がかかりません。移動距離がほとんどないため、赤ちゃんを連れてのお出かけも容易です。

・愛車を雨風から守れる

ガレージハウスでは、車やバイクはもちろん、自転車なども大切に保管することができます。台風が接近した場合でも、車に傷や汚れがつく心配はありません。また、雪の降る地域にお住まいの方は、車を運転する際に雪かきの手間を省くことができるため、管理面において何かと便利です。

・おしゃれな外観

平屋は1階のみの住宅でありシンプルさが特徴ですが、地形や間取りによっては目を引くようなインパクトを与えることが難しい場合もあります。ただし、平屋にガレージを組み合わせることで、住宅デザインにアクセントとして新たな魅力が生まれます

大きな屋根やシャッターを取り入れたり、L字型やコの字型の配置を採用したりすることで中庭を作ることも可能なため、自然との調和を楽しみながらガレージと居住スペースを効果的に分けることもできます。ガレージの有無は平屋に対する外観の印象に大きな影響を与えるでしょう。

・固定資産税の節約になる

ガレージハウスにおける固定資産税は、建物内に自動車を駐車するガレージスペースを延床面積の5分の1以下にすることで、そのスペースに対して固定資産税の軽減措置が適用されます。

居住スペースとのバランスを考慮しながら、固定資産税の軽減を実現することが可能です。特に地価の高いエリアでは、この軽減制度は大きなメリットとなるでしょう。

平屋ガレージハウスのデメリット

平屋ガレージハウスのデメリット

一方、ガレージハウスを設けることによるデメリット・注意点もあるため、事前にその内容を把握しておきましょう。

・居住スペースが狭くなる場合がある

敷地面積によっては、居住スペースを削る必要が生じる場合があります。インナーガレージでは、1台の車につき約5坪、2台の場合は約10坪のスペースを必要とします。例えば、敷地面積が30坪の平屋に2台分のインナーガレージを設けると、居住スペースは20坪しか残りません。これは計算上の値ですが、将来のライフスタイルや家族構成の変化により、住みにくい状況になる可能性もゼロではありません。ただし、ガレージ部分を狭めると、車の出し入れが困難になったり、利便性が損なわれたりすることもあります。そのため、居住スペースとのバランスを考慮しながら検討することが重要です。

・建築コストが高くなる

ガレージハウスには費用面でのデメリットも存在するようです。たとえ平屋であったとしてもガレージハウスそのものが高価な傾向にあるため、どうしてもトータルの建築費用はかさみます

さらに、平屋では採光を確保するために多くの窓を設けることも一般的ですが、その分費用が必要です。また、中庭を作る場合にはその費用も考慮する必要があるため、全体の予算と照らし合わせながらの取捨選択が求められます。

平屋のガレージハウスで後悔しないためのポイント

平屋のガレージハウスで後悔しないためのポイント

最後に、後からガレージハウスの設置を後悔しないために意識しておきたいポイントについてご紹介します。先ほどご紹介したデメリット・注意点と併せて事前に把握しておくようにしましょう。

・居住スペースとガレージスペースのバランス

先ほどのデメリットについての際にも説明しましたが、ガレージスペースと居住スペースのそれぞれの「大きさは」非常に重要な関係にあります。ガレージのサイズを大きくすると生活スペースが犠牲になりますが、一方で小さすぎるガレージでは車の駐車が難しかったり、将来的に大きな車に買い替えた際に収容できない可能性もあります。

ガレージのサイズ変更は後から難しいため、設計段階で駐車する車の車種や台数を考慮し、将来的な車の買い替えも見越して適切なサイズを決定することが重要です。

・多様な活用を想定した設備を揃える

ガレージを趣味の空間として活用する場合、内部の設備にも注意を払いましょう。

ガレージには換気扇や照明などの必要な設備があります。加えて、作業台や収納棚、作業灯、水道などの設置や内装についても、自分がガレージで何をしたいのか、どのように活用したいのかを想像しながら考えてみましょう。

また、ガレージのシャッターについては、利便性を考慮して電動式の自動開閉シャッターを取り入れるのもおすすめです。

・防音 / 振動対策

住居部分と愛車が近くにあるのは嬉しいことですが、実際の生活を考えるといくつかの課題が生じます。というのも、排気ガスや振動音、そしてガレージ内の暗さは、家族全員の快適な生活を考える上で対策が必要であるからです。

排気ガスが家の中に入り込むと、ニオイや息苦しさを感じることがあります。また、エンジンをかけると窓が揺れるような振動が発生することもあります。さらに、ガレージ内が暗いと乗り降りに支障をきたす可能性があります。これらの問題に対処するためには、個別に適切な対策を講じる必要があるでしょう。

・ハザードマップで浸水リスクの確認

台風やゲリラ豪雨のような水害に備える必要もあります。

インナーガレージの場合、床上浸水を回避できても、ガレージ自体が浸水する可能性があることに気を留めておきましょう。特に低い地域でインナーガレージを計画する場合は、ハザードマップを確認し、土地選びを慎重に行うことをおすすめします。

「おしゃれな平屋のガレージハウスを建てたい!」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格