理想の趣味部屋の魅力やレイアウトにおけるポイントなどを解説

理想の趣味部屋をつくりませんか? その魅力やレイアウトにおけるポイントなどを解説します

皆さんは、自分の家に趣味の部屋があれば素敵だと思ったことはありませんか。趣味部屋は、自分や家族のこだわりを存分に詰め込むことができるため、おしゃれで快適な空間として魅力的であり、おしゃれな趣味部屋を望む方や、将来的に趣味部屋をつくりたいと考える方が増えてきています。

そこで今回は、おしゃれで居心地の良い趣味部屋を作るメリットやポイント、さらにはおしゃれな趣味部屋の間取りアイデアなどをご紹介します。今後家を建てる際に趣味部屋を希望している方は、ぜひ参考になってみてください。

趣味部屋とは?

「趣味部屋(ホビールーム)」とは、その名の通り、趣味を思う存分楽しむことができる場所を指します。具体的な定義は明確ではなく、個室の趣味部屋から、スキップフロアやロフト、リビングなどの一部を趣味スペースとして活用したオープンなデザインのものまでさまざまです。

近年特に住宅へ趣味部屋を組み込むケースが増えています。この傾向には、新型コロナウイルスの影響で自宅での時間が増え、「家で充実した時間を過ごしたい」という欲求が背後にあるようです。家の中で趣味に没頭することができる趣味部屋の魅力は、外出しなくても楽しみを見つけることができる点にあります。

趣味部屋を設ける魅力

趣味部屋を設ける魅力

1階ではなく、2階にリビングを設けることのメリット・効果についてご紹介します。

・趣味に没頭できる

洗練された快適な空間である趣味部屋における最大のメリットは、趣味に没頭することができるという点が挙げられます。家族と共に生活する家庭でも、趣味部屋が存在することで、他の家族の存在や気配を気にせずに、自身の好きな趣味に没頭できるのです。

人目を気にせずに趣味に没頭することにより、気付けば何時間も経過していたり、周囲を気にすることなく自分の時間を楽しむことができます。このような一人の時間を充実させることは、現代社会を生きるうえでは貴重で、有意義な時間の使い方と言えるでしょう。

・生活にメリハリが生まれる

帰宅して疲れた体をベッドに預けても、疲労やストレスは翌日まで残ることがあります。しかし、自身の趣味に向き合える「趣味部屋」が存在すれば、その空間に足を踏み入れるだけで気分が切り替わることができます。

そして、その空間で心地よい趣味に没頭することで、以前の疲労やストレスが一瞬で消え去り、「明日からまた頑張ろう!」という気持ちに変わることもあるでしょう。

・リラックスできる

自宅に趣味の部屋が存在することで、自分の好みに囲まれた空間で過ごすことができるため、心地よい幸福感に包まれることがあります。そのため、自身の趣味部屋が存在することで、気分がリラックスし、癒しの効果も高まるでしょう。

人気のある趣味部屋

人気のある趣味部屋ト

趣味部屋の種類は趣味の数ほどあると言っても過言ではありません。ここでは、特に人気のある趣味部屋をいくつかご紹介させていただきます。

・読書部屋

本好きの方が趣味の部屋を計画する場合、愛する本に囲まれた読書の空間を設けることは非常に人気のあるパターンです。特別な本棚を配置し、自分の好みに合った本たちに囲まれて、ゆったりと読書の時間を楽しむ贅沢なひとときを過ごすことができます。

・映画部屋

自分の好きな映画も、自宅なら時間にとらわれずに楽しめます。プロジェクターとスクリーンを組み合わせれば、自分の部屋がまるでミニシアターに変身するでしょう。また、居心地の良いソファーがあれば、お酒やおつまみを楽しみながら映画を楽しむことも可能です。

持ち運びが簡単なコンパクトなプロジェクターと白い壁があれば、賃貸住宅でもお気に入りの場所で映画を楽しむことができます。

・音楽部屋

音楽を楽しむことや楽器を演奏することが趣味の方には、音楽部屋をおすすめします。お気に入りのCDやレコードを並べるだけでも、気分が高まること間違いありません。

また、楽器の練習も存分に行うことができ、特別なスピーカーを使って臨場感あふれる音楽を楽しむこともできます。音楽好きにとって、音楽部屋を設けることは特別な時間を提供してくれることでしょう。

・ゲーム部屋

夜遅くでもゲームを楽しみたいし、大音量でプレイもしたいと思う場合、家族や近隣に迷惑をかけないように防音のゲーミングルームを作ることを検討してみてはいかがでしょうか。特にマンションなどでは、騒音問題がトラブルの原因になることもあります。リノベーションを通じてしっかりと防音対策を施すことで、自分のペースでゲームを楽しむことができる環境を整えられるでしょう。

・フィギュア部屋

コレクションケースやディスプレイ方法、湿度管理にこだわれるのがフィギュアルームの魅力です。特定のスペースを使ってフィギュアを飾りつける作業スペースを設ければ、他人の邪魔をせずにゆっくりと趣味に没頭できます。さらに、塗料の匂いが他の部屋に広がることなく、安心して趣味を楽しむことができるでしょう。

・運動部屋

自宅に運動スペースがあれば、外が雨で運動できない日でも、趣味の部屋で充実した運動を楽しむことができます。ヨガから本格的なトレーニングまで、さまざまな運動を行うことができるので、便利な運動スペースとなるでしょう。

部屋のパターンはいろいろとありますが、道具を多く必要としないヨガから、トレーニング専用のスペースまで、様々な運動が楽しむことができます。

理想の趣味部屋を作るために意識したいポイント

理想の趣味部屋を作るために意識したいポイント

実際、趣味部屋をつくろうと決めた場合、どのような点を意識すべきでしょうか。以下に何点かの重要なポイントを紹介させていただきます。

・趣味に合わせたインテリアを取り入れる

インテリアも趣味の趣向に合わせることで、個性的でセンスの光る部屋を作り上げることができます。例えば、ロックのレコードやギターをディスプレイする部屋には、艶消しブラックの塗装やチェーンなどがマッチします。バイクや車の趣味を楽しむガレージスペースなら、エイジング加工した木材の収納棚を使ってアイテムをディスプレイすれば、ヴィンテージな雰囲気が漂います。手芸やクラフトを楽しむ部屋には、ナチュラルなアイテムとしてグリーンやリースを取り入れることで、カフェ風の素敵なインテリアに仕上げることができるでしょう。

・作業のしやすさを重視する

趣味に没頭するためには、効果的な作業環境を整えることが大切です。例えば、デスクの配置やコンセントの位置も重要になります。デスク周りに複数の機器のコードが乱雑にならないように、整理整頓しやすい棚や充実したコンセントを備えることがおすすめです。

・用途に沿った広さを決める

趣味部屋を作る際に気をつけるべき点は、目的をはっきりと定めずに空間を設計してしまうことです。実用的な趣味部屋を作るためには、空間の使い方や必要な家具・道具などを具体的に計画し、レイアウトやスペースの確保を考えることが大切です。

例えば、音楽室なら楽器を置くスペースや防音対策を重視する必要があります。読書を楽しむスペースなら、蔵書の量に合わせた本棚を設置するのが良いでしょう。こうした要素を考慮して、趣味に合ったレイアウトや広さを明確にすることが重要です。

・収納スペースを確保する

趣味部屋をより便利な空間にするためには、収納方法にも工夫が必要です。建築段階で可動式の棚や作業台になるカウンターを組み込んだり、アイテムの量に合わせて後からキャビネットなどを追加することも考えられます。

特殊なアイテム、例えば楽器やアウトドア用品を収納したい場合は、建築会社と相談して造作収納を検討することも良いでしょう。楽器専用のフックを取り付けたり、屋外で使用するアイテムには汚れても良い土間部分に棚を設けたりするなど、強度や手入れのしやすさを考慮して、収納のプランニングを行うことが大切です。

「素敵な趣味部屋のあるお家を建てたい」と検討中のお客様は、ファミリアへお問い合わせください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格