定番!明るい玄関|新築|注文住宅|ローコストハイセンス住宅|平屋|間取り

玄関って土地の形状やお家の配置、駐車場からの動線、お家の間取りによって決まってきます。中でも、ご意見として最近増えてきたのは、「明るい玄関にしたい。」です。
それは、SNSでご覧になられたり、知人の方や完成現場見学会など、新築のお家をご覧になられて、玄関が明るいお家=広く感じるというご意見が多かったです。

明るい玄関にするためには、光をどこから取り込むか。ですが、この写真のように大きい窓を配置すると、より広く開放的に感じます。
せっかく、茨城県で注文住宅を建てるのであれば、自由に設計が出来ますので、玄関だけ吹抜けを作り、上に窓を配置し、上から光を取り込むことも可能です。周辺環境によっては、視線を感じにくい上に窓を配置し、くもりガラスにしたりもします。

但し、その窓の位置が道路から見えやすいと中が見えてしまう。そのため、外からの視線を外す位置に設置をすることがオーソドックスな考え方です。その窓から外を見たときに内庭や木などがあると、おしゃれに見えます。夜はその気や内庭を照明で照らすと、良い雰囲気になります。また、遊びに来られた方が玄関のインパクトに驚かれると思います。

木も常に葉があるもの(常葉樹)と季節により葉が落ちるもの(落葉樹)がありますので、季節感を感じたい方は、落葉樹(紅葉や桜など)をご案内しております。

新築だから出来るお家づくりのポイントですね。

他にも、玄関がある方位によっても、明かりの取り入れ方が違います。例えば、北側の玄関の場合は、北側は一年を通して安定した明かりが入りますし、日が当たる窓(東、南、西)に関しては、透明だと汚れが目立つので、くもりガラスにして目立たせない上、光が当たると、くもりガラス自体が光るため、ライトのようになります。そのため、明かりが入っているときと入っていないときの表情の違いがあり、楽しめます。
※もちろん平屋でも2階建てでも楽しめます。

↓コチラは北側玄関のお家
窓が無いデザインですが、明るさは東側(写真の左側)の窓から確保。

明るさの確保って、正面だけじゃなく、横からも取ります♪

↓コチラは明るい玄関で広めに作り、シューズインクローゼットへ収納しやすさ&手洗いスペースを設置することで、清潔なお家は玄関から。

『清潔なお家は玄関から始まる』
家族みんなで使う玄関だからこそ、そこから始まる。

玄関にちょっとひと息できるスペースはいかがでしょうか?

他にも、周辺環境に合わせた光の取り込み方がございますので、お聞きになりたい方は、お気軽にお問合せください。→→→コチラをクリック!←←←

ローコストハイセンス住宅シリーズをつくば市を中心として展開しております私たちは、相場よりも価格が安くておしゃれなお家づくりのお手伝いをさせて頂いております。

ハウスメーカーや工務店の標準仕様にお客様の希望を合わせるのではなく、お客様の希望を叶えられるご案内をモットーにさせて頂いておりますので、お気軽にお声掛け下さい。

カテゴリー: 玄関 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格