平屋をローコストに建てるためのポイントとは? 平屋の特徴・メリット・デメリットと併せてご紹介します

平屋をローコストに建てるためのポイントとは? 平屋の特徴・メリット・デメリットと併せてご紹介します

ワンフロアで生活空間を共有できる平屋。家族間でのコミュニケーションが取りやすく、2階建てと比較してデザインの自由度も高いため若年層の間でも人気が高まっています。

今回はそんな人気の平屋をローコストで建てるために意識したいポイントについて、そして、ローコストでもおしゃれに仕上げるために工夫できる点についてご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

平屋の特徴

平屋の特徴

平屋とは1階建ての家のことを指します。リビング・キッチン・寝室・バスルーム・トイレ等の生活のために必要な空間をワンフロアに収めた住居です。2階・3階がない分、建築コストが抑えられる点や、構造的に安定しやすいため耐震性が強い点などが特徴として挙げられます。また、設計の自由度が高く、天井を高くするなどして開放的な空間がつくりやすい特徴も有しています。

・平屋のメリット

平屋では階段を上り降りする必要がないため、その分家事が楽になるというメリットがあります。例えば、一階で洗濯をした衣類を2階のベランダに干しに行く場合は階段の上り降りが必要になりますが、平屋の場合は横移動だけで住みます。

また、階段に必要なスペースも平屋であれば有効活用することができます。一般的に階段のスペースは4畳〜5畳辺りのため、収納スペースを設けたり、仕事部屋・趣味部屋・書斎を設けたりするには十分な広さです。

その他、前述した通りワンフロアで居住空間を完結できるため家族間でのコミュニケーションが取りやすい点や、構造的に重心が安定しているため耐震性に強いという点も平屋のメリットとして挙げられます。

・平屋のデメリット

一方、平屋住居には注意点もあるため、その点を把握した上で対策を練っておくことをおすすめします。

例えば、メリットとして家族間のコミュニケーションが取りやすい点をご紹介しましたが、その裏返しとしてプライベートな空間を確保しにくいという点を注意しておく必要があります。もちろん、仕切りや部屋の間取りを工夫することである程度解決する問題ではありますが、開放的な空間が魅力の平屋住宅のため、その辺りのバランスや優先順位を考慮しなければなりません。

その他の注意点として、敷地の問題も挙げられます。平屋はワンフロアに必要な居住空間を詰め込むため、どうしても広い敷地が必要となります。部屋数を増やしたり開放的なリビングをつくり上げるには、広い敷地の確保は避けられない問題となるため、事前によく検討しておくことが重要です。特に土地の安い地域であれば新しい土地の購入も検討できるかと思いますが、都市部のように地価が高く、かつ隣家との空間も狭いような場所では実現が難しいため、その辺りも検討が必要となるポイントでしょう。

平屋をローコストに建てるためのポイント

平屋をローコストに建てるためのポイント

ここからは、平屋をローコストで建てるために何を意識すべきかについてご紹介いたします。実際、お家を建てる際は地域の工務店・ハウスメーカーへ話を聞きにいくケースが多いと思いますので、そのようなケースで意識しておきたい3つのポイントについてご説明します。ぜひ、工務店へ訪れる際の参考にしていただければ幸いです。

・優先順位を設定する

先ほどご紹介した通り、平屋は2階建て住居と比較して設計デザインの自由度が高い特徴を持っています。そのため、実現したいアイデアが次々と浮かんでくるものですが、建物の価格を決める要素で最も大きいのが「材料費」であるということを留意しておく必要があります。

建物の広さを確保したり、部屋数を増やせば、当然必要な材料も増えるため価格はその分高くなるものです。そのため、全体の広さ・各部屋の広さ・部屋数・使用する木材・壁の素材などの要素を細かく把握して、重視したい順に優先順位を設けることをおすすめします。優先順位の高いものは譲らずに、一方の低いものは予算に応じて見送るなどの判断をするようにしましょう。

・屋根の高さを抑える

屋根は勾配が大きい場合、屋根面積や壁面積も増え、建築費用が増加する可能性があります。

また、同様に屋根の形状もコストに影響を与えます。一般的な屋根の形状には「片流れ」「切妻」「寄棟」「方形」などがあり、勾配の小さい「片流れ」はコストを節約しやすい選択肢です。

・平屋の規格プラン・標準仕様を選択する

基本的に工務店は、規格プラン・標準仕様によるスタンダードプランによる住居の施工プランを提供しています。平屋であっても例外ではなく、平屋の施工を得意としている工務店であれば、平屋による規格プランを提供しているところも数多く見つかるでしょう。

規格プランとは、資材・設備や施工方法をある種フォーマット化することで価格をできるだけ抑えて住居を提供できるプランのことです。規格プランの場合、要望に応じて変更できる点がプランを提供している工務店ごとに異なります。中には間取りの変更が難しい場合もあるため、譲れないポイントとある程度コストに応じて妥協する点を見極めながら、規格プランの採用を決めるようにしましょう。

・価格の目安を設ける

もう一点、ローコストに平屋を建てるためには「価格の目安」を設けることが有効的です。

家を建てるというのは非常に高価な買い物であり、こだわりの分だけコストはかさんできます。ある種、際限がない買い物と言ってもいいかもしれません。そこで、「ここまで」というラインを設けてしまうことで、盛り込みたい要素にも優先順位をつけやすくなります。

もちろん、土地の面積や間取り・部屋の数などによって価格は大きく変動しますが、一般的には1,000万〜1,500万のレンジに収まるケースが多いため、この辺りのラインを参考にしてみると良いでしょう。

ローコストな平屋をおしゃれに見せるためにできること

ローコストな平屋をおしゃれに見せるためにできること

では実際に、ローコストかつおしゃれな平屋とはどのような家なのでしょうか。ここでは平屋をおしゃれに見せるためにこだわりたい内容について、3つの観点からご紹介させていただきます。ぜひ、取り入れられるものがないか照らし合わせながら参考にしてみてください。

・シンプルモダンな外観デザインを採用する

おしゃれな平屋と言ってもその正解は人それぞれですが、やはり万人が取り入れやすい要素としては「シンプル」なテイストにするという点が挙げられます。装飾の少ないシンプルな外観は景観にも馴染み、洗練された印象を与えることができます。

中でも近年では、直線的なデザインを基本とするモダンテイストを取り入れた平屋が人気です。直線的なデザインはスタイリッシュな雰囲気を出しつつも、流行に左右されにくく長く愛されるデザインのため、万人におすすめできます。

・屋根の形をアクセントにする

屋根の形は外観の印象をガラッと変える重要な要素です。そのため、実現したいテイストに沿ってこだわりたいポイントと言えるでしょう。例えば、スタイリッシュな雰囲気が好みであれば片割れ屋根を採用するのが良いかもしれませんし、可愛らしいテイストが好みであれば切り妻屋根が適しているかもしれません。

また、屋根の勾配・向きによっても見る印象は異なってくるため、たくさんのサンプルを見て好みの形を見つけておきましょう。

・外構にこだわる

外構に関してはコスト削減の観点から後回しにされることが多いですが、できれば家の施工と合わせてコーディネートしておきたいものです。外構と外観それぞれを意識してバランスよくコーディネートすることで、統一感が生まれおしゃれな雰囲気がより一層際立ちます。

定番のブロック塀・シンボルツリーもなんとなく選ぶのではなく、外壁の素材や色味、屋根の形などと合わせてコーディネートすることをおすすめします。

・大きめの窓を設置する

平屋は2階部がないため、1階に大きい窓を設置しやすいメリットがあります。

また、平屋は地面との距離が近い特徴があるため、天井近くまでのびる大きな窓を設けることで、外と室内が繋がっているような開放感のある空間を実現することが可能です。

ファミリアが提供する施工プラン! ローコストでおしゃれな平屋のご紹介

私たちファミリアは「LOW COST HIGHセンス」というコンセプトのもと、シンプルかつスタイリッシュな平屋の施工ブランを提供しています。あくまでお客様の理想を具体化するためのベースとなりますので、参考のうえお客様が考えられる理想のカタチをお伝えください。

・アジアンナチュラルスタイルの平屋

アジアンナチュラルスタイルの平屋
アジアンナチュラルスタイルの平屋
アジアンナチュラルスタイルの平屋

外壁は全面ホワイトウォール、エントランス部分にブラウンのエッセンスを加えることで、あたたかみのある雰囲気を外観にもたらしています。

リビングはホワイトウォール×ウッドのファニチャーを組み合わせることによって、あたたかな雰囲気の中にも非日常な空間を体感できるような仕上がりに。ブルーのインテリアでアクセントを加え、爽やかさ・涼感を演出しています。

キッチンはブラウンのカウンターであたたかみのある優しい雰囲気を演出。冷蔵庫等の家電の色をブラウンで統一することにより、飽きのこない引き締まった空間になっています。

・モダンスタイルの平屋

モダンスタイルの平屋
モダンスタイルの平屋
モダンスタイルの平屋

白を基調とした外壁にグレーのアクセントを加えることで、上品かつスタイリッシュなシンプルモダンな仕上がりの外観になっています。

リビングも外壁と同様に白を基調としており、清潔感のある広々とした空間を演出。また、落ち着いた同系色のインテリアでまとめることで、上品な雰囲気をまとったリビングとして仕上がっています。

キッチンも同様に白で揃えることで、統一感のあるスッキリとした空間になっています。一方、黒など色味のある家電をワンポイントで加えることにより、アクセントが効いたスタイリッシュな空間を実現することが可能です。

・モダン×ナチュラルスタイルの平屋

モダン×ナチュラルスタイルの平屋
モダン×ナチュラルスタイルの平屋
モダン×ナチュラルスタイルの平屋

白系統とグレー系統の外観に木彫のアクセントが加えられており、安らぎ・あたたかみを感じながらも高級感のある印象を与えられる外観となっています。

木目に囲まれたリビングは安らぎの空間に。ホワイトウォールとウッドで仕上げられた天井の掛け合わせは、落ち着く雰囲気の中にも非日常のスペシャル感を与えてくれます。

「ローコストな平屋を建てたい!」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格