3階建てはやめた方がいい? 後悔しないために知っておきたいポイントを解説

3階建てはやめた方がいい?後悔しないために知っておきたいポイントをご紹介します。

3階建ての家に興味があって調べてみると、「やめた方がいい」「後悔」「危ない」「しんどい」「住みにくい」というネガティブな関連キーワードがたくさん出てきてしまい、不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。

当然、3階建ての家は2階建ての家と比較してメリットもデメリットもあります。重要なのは、ネガティブな面ばかりに目を向けるのではなく、良い点・悪い点の両方を理解したうえでそれらの優先順位を整理し、冷静に検討することです。

3階建ての家に需要がある理由

3階建ての家に需要がある理由

そもそも平屋・2階建てではなく、3階建てを選択するのにはどのような理由があるのでしょうか。その要因の大部分を占めているのが「立地」と考えられます。

・都会では土地が限られている

例えば東京のような都市部で家を建てようと思った際、ネックになるのが土地の狭さです。地方であれば選択肢も多く、希望の広さの土地を比較的見つけやすいものの、都市部では既に土地が限られた中で選択をする必要があります。また、運良く広い土地を見つけられたとしても、都市部で広い家を建てようと思うと土地代だけでかなり高価な買い物となってしまいます。

しかし、3階建て住宅として階数を増やすことができれば、土地の面積が狭くても、求めている間取りを実現しやすくなります。

・憧れの好立地に家を建てらる

横に広げるのではなく、縦を伸ばす形状で家を建てることを決断した場合、土地の選択肢が大幅に広がります。狭小地で良ければ、より好条件の土地を見つけやすくなるでしょう。

例えば、本来の予算であれば厳しかった駅近のような好立地であっても、狭小地であれば相場価格よりは低くなるため手を伸ばしやすくなります。

3階建ての家のメリット

3階建ての家のメリット

それでは、3階建て住宅を建てることによるメリットについてご紹介いたします。

・限られた土地を有効活用できる

3階建て住宅における最大のメリットは、やはり限られた土地を有効活用できる点でしょう。既に「需要がある理由」としてご紹介しましたが、都市部で家を建てるには、土地の選択肢の少なさや土地代の高さ、そして土地の狭さという問題がついて回ります。当然、駅や繁華街が近い好立地な土地ほど価格は高くなります。

しかし、3階建て住宅であれば、狭い面積の土地を安く買って家を建てるという選択が可能です。そのため、人気のある土地や立地を優先したい場合は、3階建て住宅という選択肢は有効的だと言えるでしょう。

・日当たりが良好

3階建て住宅は、周囲の家と比較して縦に高く抜きんでるため、2階・3階の日当たりが良くなります。ベランダなど洗濯物を干せるスペースを設けておくことで、狭い土地でも気持ちの良い外干しを実現できます。

また、3階建て住宅ならではの内装的特徴として、縦空間を活かせる吹き抜けが挙げられます。吹き抜けを設けることで採用と風通しが良くなるため、開放的な空間をつくりあげることができます。

ただし立地条件によっては、隣の建物等と距離が近く採光が取りづらい場合もあるため、事前のリサーチをしっかりと行う必要があります。

・メリハリのある空間づくりがしやすい

各階数を目的別に分けて活用しやすい点も、3階建て住宅ならではのメリットです。例えば、1階は水回りを中心に構成し、2階は家族間のコミュニケーションを重視するリビングを中心に構成する。そして、3階は各々の個室ーーというように、各階ごとの役割を分担することでメリハリのある空間を実現しやすくなります。

階数を役割別に分ける考え方を採用することによって、壁紙や床の素材を階数ごとに変えたり、インテリアのトーンや配置をそれぞれの空間に適したものに変えて楽しむことができるようになります。

3階建ての家のデメリット

3階建ての家のデメリット

続いて、3階建て住宅を建てることによるデメリット・後悔しやすい点についてご紹介いたします。

・階段の上り降りによる負担

3階建て住宅で心配なのが、階段の多さによる身体への負担です。年齢が若い内は問題がなくとも、年を重ねて足腰が弱まったり、怪我をしてしまうことへのリスクを考えると、階段の多さは住宅を建てるうえでの大きなボトルネックとなり得ます。また、高齢者への負担だけでなく、小さい子供がいる家庭では、階段を踏み外したり滑ったりすることによる事故のリスクも悩みの種です。

この辺りは、人生プランと密接に関わってくる部分となるため、思い描いている将来の生活イメージと照らし合わせながら慎重に検討する必要があります。例えば、歳が若い内は階段利用をメインとし、年齢を重ねてからは家庭用エレベーターなどの解決手段を講じるというのも一つの方法だと言えるでしょう。

・冷暖房効率が悪い

各階数を役割ごとに分担することで、メリハリのある居住空間を実現できるというメリットを先ほどご紹介しました。しかし、この特徴は冷暖房の効率という観点から考えると、デメリットにも繋がりやすい特徴だと言えます。

仮に3フロアとも生活導線のうえで欠かせない空間である場合は、3フロア分の冷暖房費が必要です。もちろん、1〜2階部分だけである程度生活を完結できれば冷暖房もその分だけで済みますが、この辺りは理想の生活スタイルと定期コストとの兼ね合いとなるため、優先順位を整理する必要があります。

・1階が寒くなりやすい

狭小地に建てる三階建てにおいては、一階スペースが寒くなりがちです。というのも、建ぺい率や容積率の制限により、建物を最大限に活用するために隣家との距離が近くなることがあり、その結果、一階の採光が制限されるためです。

採光不足は湿気がたまりやすく、カビの発生リスクが高まることがあります。これらは家の寿命を短くする要因となるため、採光不足は避けたいリスクと言えるでしょう。

・家具 / 家電の搬入が大変

3階に寝室がある場合にはベッドを3階に搬入する必要がありますが、重たいベッドを3階まで持ち運ぶのは大変な作業です。また、狭小地に建てられた三階建ての物件では、階段の幅が狭く、大型の物を室内から運ぶことが難しい場合もあります。クレーンを使用して吊り上げて搬入することも可能ですが、その分コストが高くなってしまいます。

・ネットが繋がりにくい

Wi-Fiの電波は上下方向が通信の弱点とされており、3階建て住宅の一階にケーブルを引いた場合、3階でのWi-Fi接続が困難な状況になるということがしばしば発生します。

そのため、2階にケーブルを設置するか、中継機を利用するなどの対策が必要です。

・地盤改良費用が必要な場合がある

3階建て住宅は土地の狭さ故、土地代を抑えやすいというメリットがありますが、その一方で地盤改良に費用が必要になる場合があります。

建物を縦に伸ばす分、どうしても住宅自体の重さはその分重くなります。その際、土地を地盤調査する必要がありますが、地盤改良が必要だと判断されればその費用が追加で掛かってくるのです。もちろん、地盤改良が必要でないと判断されるケースもありますが、改良が必要と分かってから費用が足りないとなってしまうと困るため、ある程度事前に把握をしておく必要があります。

お気に入りの3階建ての家を建てるためには

お気に入りの3階建ての家を建てるためには

3階建て住宅のメリット・デメリットについてご紹介しました。最後に、3階建て住宅を建てても後悔しないために取り組みたいポイントについてご紹介させていただきます。

・各フロアの用途と生活動線を明確にしておく

3階建て住宅を建てた後に最も後悔しやすい点としては「使わなかった」ということが挙げられるのではないでしょうか。理想通りの間取りを実現するには確かに3フロアが必要だったものの、いざ生活を始めてみるとほとんど2フロア分しか使っていない、、、という事態は起こり得るものです。

そのような事態に陥ってしまう要因は大きく分けて2つ。「身体的な負担」と「各フロアにおける役割の曖昧さ」です。つまり、階段の上り降りに負担を感じるか、もしくはなんとなく設けたフロアを持て余してしまうかのどっちかの理由によって、せっかく建てた3階分の住居を活用しきれないという事態になってしまうのです。

そうならないためにも、各フロアの用途・役割を明確にするのはもちろんのこと、具体的な生活動線を予めきちっとイメージしておくようにしましょう。

・実績のある工務店を選ぶ

3階建て住宅を建てるうえで、その地域の建築規制をチェックしておくことは欠かせません。住む地域によって高さの制限や斜線制限が異なるため、制限に該当して天井を低くしたり日当たりを確保できなくなってしまう可能性があります。

そのため、自治体ホームページの都市計画情報から情報を収集する必要がありますが、そのうえで実績のある工務店に相談をするとなお安心でしょう。3階建て住宅の施工実績が豊富な工務店であれば、規制に詳しいのはもちろんのこと、限られた条件の中からベストな選択肢を提案してくれるものです。実例を見せてもらえることも多いため、より具体的なイメージをしやすくなるメリットもあります。

「生活しやすい3階建ての家を建てたい」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格