注文住宅でスキップフロアはやめた方がいい? デメリットを理解して後悔しないおしゃれな暮らしにステップアップ

注文住宅でスキップフロアはやめた方がいい? デメリットを理解して後悔しないおしゃれな暮らしにステップアップ

注文住宅を紹介する雑誌やカタログなどでは、スキップフロアが取り入れられたお家がよく紹介されています。おしゃれでありながらも、場所を有効活用できる機能的なスキップフロア。単調な部屋にワンポイントのアクセントをもたらしてくれる人気の間取りです。

しかし、その一方で、スキップフロアについて調べてみると「後悔」や「やめた方がいい」などといったネガティブな言葉も多く見受けられます。

そこで今回は、スキップフロアの特徴や後悔しやすいポイントについてご紹介します。メリット・デメリットの両方を理解したうえで、スキップフロアの導入を検討してみてください。

スキップフロアとは?

スキップフロアとは?

スキップフロアとは、フロアの高さを半階層ずらして中階層を設ける設計です。建物の階と階の間に「中2階」が生まれるため、一つの空間の中に高さの異なるスペースが併存し、視覚的なアクセントが目をひきます。

段差を活かすことで実現できるため、1フロア内に数段の小規模階段を設け、高さを変化させてスキップフロアをつくります。丁度階と階の間に”特別感のある部屋”としてスペースを設けたり、ほぼ2階のような位置に設けたりと、高さの設定は使い勝手や好みによって様々なものがあります。

スキップフロアに対して後悔しやすいこと

スキップフロアに対して後悔しやすいこと

ネット上では「後悔」や「やめた方がいい」といったネガティブな関連キーワードで検索されることも多いスキップフロアですが、ここでは実際にどのような点で後悔されている方が多いのかについてご紹介します。検討中の方は、気になる点がないかを事前に把握しておくようにしましょう。

・”なんとなくおしゃれ”で作ってしまいデッドスペース化

後悔してしまった方達の声として最も多いのが「持て余してしまう」というものです。ハウスメーカーなどのカタログを見ている内に、おしゃれだから欲しくなり設けたものの、具体的な活用方法については特にない、、、といった声は少なくなく、そのような理由で取り入れられたスキップフロアは場所を占めるだけの「デッドスペース」となってしまう可能性は高いでしょう。まずは何より、具体的に活用目的・活用イメージがあるのかについて考えることをおすすめします。

・空調効率が悪くなる可能性がある

スキップフロアはある種「空間を広げる」間取りです。壁を設けることなく1フロアの空間を広げることができるのはスキップフロアの魅力ではあるものの、空間が広くなる分、冷暖房の効率は悪くなります。フロア内のある1箇所のみを暖かく・涼しくするといったことが難しいエアコンは、壁の無い空間をどこまでも空調の範囲内と捉えるものです。そのため、部屋が暖まるまでに時間がかかったり、冷暖房に掛かるコストが高くなってしまうという注意点があります。

・老後が心配

スキップフロアは段差を利用してつくられるため、どうしても数段の段差(階段)が新たに設けられることになります。その段差移動が年齢を重ねるにつれて億劫になったり、身体的に負担に感じるといった可能性がないかは事前に考えておくべきでしょう。

・掃除が手間

掃除が手間な点もスキップフロアの存在を億劫に感じてしまう要因の一つとして挙げられます。階と階の間に設けられているためどうしても天井が低くなり、頭に気をつけながら掃除をしなければいけません。コンセントの確保も難しく空間が狭いとコードが絡まりやすくなってしまうため、スキップフロアの掃除にはコードレスの掃除機をおすすめします。当然、お掃除ロボットも活用は難しいでしょう。

スキップフロアをつくるメリット

スキップフロアをつくるメリット

一方、スキップフロアならではのメリットについてもご紹介します。

・おしゃれで開放感のある空間を演出できる

壁や仕切りなしで空間を広げるスキップフロアは、家の中に開放感をもたらします。開放感を演出するためのよくある方法として「吹き抜け」が挙げられますが、吹き抜けを設けるには床面積を減らさなければいけません。しかし、スキップフロアは床面積を減らすことなく、空間を有効活用して設けることが可能です。

また、スキップフロアを吹き抜けのように取り入れることもでき、そうすると日光が下の階にも届きやすくなり、光の行き届いた明るい部屋をつくることができます。

・子供がワクワクする「特別空間」で遊び場に最適

構造が珍しく視覚的に新鮮なスキップフロアは、空間が「ぽっかり」と浮き出たような特別感のある場所として映ります。子供にとって秘密基地を想起させるような空間は、親から離れて没頭ができる遊び場として最適です。とはいえ、壁や仕切りがあるわけではないため、親としても常に子供を気にかけながら家事などを行うことができます。

・集中力向上!書斎や勉強部屋として活用できる

天井の高さは仕事や学習の効果に関係があると言われています。具体的には天井が高い場合にアイデアが出やすく、天井が低い場合は集中力が増すというのが、最新研究に基づく見解です。そのため、仕事における実務や勉強などに取り組みたい場合は、天井の低いスキップフロアを活用すると集中がしやすくなるかもしれません。

・収納スペースを増やせる

スキップフロアの後悔しやすいポイントとして「活用せずにデッドスペースになってしまう」点について紹介をしましたが、収納スペースとして活用するイメージは比較的しやすいのではないでしょうか。単に収納ができるスペースが増えるのはもちろんですが、ある種”移動地点”にあるスキップフロアに適した物を収納することができれば、生活動線における物の出し入れのバリエーションが増えることになります。

また、家を建てた後、子供ができたりライフスタイルが変わったりなどの変化によって、収納のためにどこかの居住スペースを削る必要性が出てくるかもしれません。そのような際にもスキップフロアは他の居住スペースを削ることなく活用できる収納場所として有用です。

・家族を身近に感じられる

スキップフロアは壁や仕切りがないため、各部屋がつながりを持ち、家族の気配を感じながら時間を過ごすことができます。キッチンで料理をしているお母さん、子ども部屋で遊ぶ子ども、中2階の書斎で仕事をするお父さんなど、それぞれが思い思いの場所で過ごしながらも、家族の存在を感じることができるのはメリットの一つです。また、スキップフロア部分には仕切りがないため、必要なときはすぐに声をかけることができるという利便性もあります。

・土地の高低差を活かして家を建てられる

土地に段差や傾斜がある場合がありますが、スキップフロアを活用することで、その土地に家を建てることができます。スキップフロアは土地の高低差を利用した工法であり、大がかりな工事をしなくても、元の土地を活かしたまま家を建てることが可能なのです。また低い部分は、ガレージや倉庫として活用することもできます。

後悔のないスキップフロアをつくるためにできること

後悔のないスキップフロアをつくるためにできること

スキップフロアのメリットと後悔しやすい点の両方についてご紹介しましたが、最後に後悔しないために取り組んでおきたいポイントについてご紹介させていただきます。

・取り入れる目的を明確にする

何度もご紹介している通り、スキップフロアを導入して最も後悔しやすいパターンは「デッドスペース」になってしまうということです。そのような事態を避けるためにも、まずはやはり活用目的を明確にすることをおすすめします。

視覚的にアクセントとなり、見た目がおしゃれなスキップフロアですが、見た目の部分だけで導入を決めてしまっては持て余してしまう可能性が高いといえます。この記事で紹介したような、書斎 / 勉強スペース・子供の遊び場・収納スペースなど、実際に生活の中で使い道があるかを具体的にイメージするようにしましょう。

・空調効率を考慮した設計

壁や仕切りなしで空間が広くなる分、空調効率が悪くなってしまうという注意点についてご紹介しました。特に冬場に関しては、暖気が上の方に逃げてしまうため、室温自体は適温に保たれているとしても、足元が冷たいと体感してしまうということも起こり得ます。

そのため、スキップフロアを設ける際は、「全館空調システムの採用」や「高気密高機能断熱仕様の住宅設計」などの対策を検討するようにしましょう。

・実績のある住宅メーカーに相談

スキップフロアは一般的な住宅に比べて特殊な構造をした間取りになるため、実績が豊富な住宅メーカーに依頼をするのが安心です。

スキップフロアの施工に慣れていないところへ依頼をしてしまうと、使い勝手が悪いつくりになってしまうリスクがありますが、実績が豊富であれば活用イメージに沿った柔軟な提案も期待できます。

「おしゃれで有効なスキップフロアをつくりたい」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格