サンルームをおしゃれにするアイディアやメリット・デメリットをご紹介

日当たり良好!おしゃれなサンルームを施工するためのポイントをご紹介します

サンルームは幅広い用途で活用できる魅力的な空間です。一般的に一部屋を施工するよりも工数を削減でき、比較的手軽に構築できるのも嬉しいポイントです。

そこで今回はサンルームのメリットや活用法について、そして、注意点と後悔しないために取り組みたいポイントについてご紹介いたします。サンルームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

サンルームとは?

サンルームとは?

サンルームとは、透明なガラス窓を備えた太陽の光を取り入れるスペースのことを指します。近年、日本ではサンルームの人気が浸透しつつあり、ガラス越しに太陽の光を取り込む屋内と屋外をつなぐおしゃれな部屋として認識されています。

また、サンルームは建築基準法上の信頼性の高いコンクリート基礎の上に設置されるため、水密性、気密性が確保される特徴があります。そのため、取り付けるのではなく、「増築」に近いような施工が必要です。

サンルームと似たものとして挙げられる「ガーデンルーム・テラスルーム」は、庭へと続く大きな入口が特徴です。サンルームとは対照的に、テラスルームは比較的安価で、ポリカーボネートの屋根と壁で構成され、サンルームのような頑丈な基礎と断熱材は含まれていません。

サンルームのメリット

サンルームのメリット

まず最初に、サンルームを設置することによって得られる「メリット」や「人気の理由」についてご紹介いたします。

・日当たり良好で開放感のある空間ができる

窓から太陽光が降り注ぐことで、サンルームでは室内にいながら爽やかな日差しを感じることができます。さらに、ガラスから見える視覚は開放的で、屋外の風景や庭を楽しむことができます。

また、雨が降っていたとしても、ガラスを伝う雨粒を眺めたり、雨音を聞いたりして、雨の日を非日常的な気分で過ごすことも可能です。

・ 雨や花粉を気にせず洗濯物が干せる

屋内でありながらも太陽の光を存分に取り込めるサンルームは、悪天候の日や花粉の季節、PM2.5や黄砂の飛来時にも、安心して衣類を干すことが可能です。天候や季節に関係なく部屋干しを避けたいと考えている方にとっては魅力的な空間と言えます。

・部屋の断熱性が上がる

サンルームは、二重窓ではなく二重部屋となる造りのため、リビングなどの室内の断熱性を高め、冷暖房効率を向上させる効果を期待できます。その結果、光熱費の削減にも繋がります。

・部屋が広く見える

サンルームを設置することで、日差しを感じて部屋が明るくなるメリットについては既にご紹介しましたが、空間が明るくなるということは広々とした印象を演出できることに繋がります。つまり、部屋が広く見えるようになるということです。

また、サンルームのカーテンを閉め、リビングのカーテンを開けることで、部屋が拡張されたような効果を得ることができます。

・後付けも可能

ベランダやバルコニー、テラスをリフォームして、サンルームを追加・増築することは利点の一つです。無駄になっていたスペースを有効活用することができます。

ただし、建ぺい率には注意が必要なので確認をしなければいけません。建ぺい率は、土地に対して建物が占める面積の割合を示す指標です。基準値を超えると火災保険や地震保険の支払いが制限される場合があります。必ず専門家に相談し、不動産登記の変更を行うようにしましょう。

サンルームでできること

サンルームでできること

サンルームの活用方法について、代表的な例をご紹介いたします。

・洗濯物を干す

サンルームの「日常使い」として真っ先に挙げられるのは、やはり洗濯スペースとしての活用ではないでしょうか。前述した通り、サンルームでは雨や花粉、PM2.5などの大気汚染物質や虫の付着を気にせず洗濯物を安全に干すことができる場所として最適です。

また、換気扇を設置することで、天候の悪い日でも洗濯物の乾きがよくなります。

・リラックス空間

隣接する部屋を延長するようにサンルームを活用するのもおすすめです。例えば、椅子とテーブルを置いて、ゆっくりした時間を過ごす場所をセッティングするのはいかがでしょうか。

日当たりも良いため、開放的な気分で食事や読書などを楽しむことができます。

・子供やペットの遊び場

小さなお子様のいるご家庭ではお子様の居場所に困ることもありますが、サンルームがあればすぐに庭に出られるため、お子様や動物が自由に動き回るスペースとして活用できます。家事をしながらでもお子さんの行動を見守ることができるので、親としても安心して遊ばせておくことができます。

また、窓から太陽光が差し込む空間は落ち着いた雰囲気があるため、日光浴やお昼寝にも最適です。

・ガーデニングスペース

サンルームは、明るい光を必要とする植物や野菜の栽培に最適です。屋外でのガーデニングは虫や羽虫などの心配がありますが、サンルームであればその心配もありません。

しかし、ガーデニングスペースとしてサンルームを利用する場合は、床面に撥水加工を施したり、掃除がしやすいフローリングにするなど、空間を快適に使用し続けるための工夫が必要です。

・ホームパーティーを開催

サンルームをセカンドリビングとして活用し、バーベキューやホームパーティーでお客様や友人をもてなすこともできます。開放感あふれるおしゃれなガーデンスペースは、リビングやキッチンからも移動がしやすいため、料理や飲み物を運ぶのにも苦労しません。

お庭から直接出入りができるというメリットを活かし、お庭にバーベキューグリルを置いて調理をし、サンルームに運んで食べるという楽しみ方も可能です。

サンルームをおしゃれに仕上げるために

サンルームをおしゃれに仕上げるために

少しの工夫でサンルームの印象はがらっと変わります。ここでは、素敵なサンルームに仕上げるための工夫・アイデアをいくつかご紹介します。

・設置する家具をこだわる

サンルームに家具を配置する際は、サンルーム専用の家具としてデザインにこだわってください。というのも、配置する家具一つでサンルームの雰囲気が大きく変わるからです。

例えば、木製の家具を配置したり、北欧風のインテリアを採用することによって、サンルームは優しく落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

・床材にこだわる

サンルームでは床材にもこだわってみてください。ウッドデッキや無垢材などを使用すると、おしゃれな雰囲気を演出できます。また、床材を選ぶ場合は床材を活かすレイアウトを考慮することも大切です。配置する家具やアイテムを減らすだけでも、床材の魅力がより際立ちます。

・緑を取り入れる

サンルームに緑を取り入れることで爽やかな雰囲気に仕上がります。お気に入りの植物を飾ることで、リラックス効果も得られるでしょう。直射日光を避けたい場合は、ツルが伸びるタイプの植物を屋根や壁に這わせるのもおすすめです。

サンルームのデメリットと後悔しないためにできること

サンルームのデメリットと後悔しないためにできること

最後に、サンルームを設けても後悔してしまいやすい点や、後悔しないために取り組みたいポイントついてご紹介いたします。事前にメリット・デメリットを把握をしたうえでサンルームの設置を検討するようにしましょう。

・夏は暑い

デメリットの一つとして、夏場のサンルームは気温が上昇しやすいという点が挙げられます。対策を施さなければサウナのような状態になってしまうため、注意が必要です。

屋根に断熱材を使用したり、屋根の下にパラソルを設置することで、サンルームの暑さを抑えるようにしましょう。

・ガラス張りのためプライバシー対策が必要

ガラス張りのサンルームは目隠しをしない限り、外から丸見えになってしまいます。周囲からの視線がストレスとなって使用しなくなってしまっては元も子もありません。

そのため、不透明なガラスやカーテンレール、透明なガラスを不透明なガラスに変えるなど、どのような目隠しができるかを考えてから施工することが大切です。

・固定資産税に注意が必要

サンルームを新築で設置する場合、固定資産税がかかることに留意する必要があります。不動産登記法では、天井があり、3面以上が壁やガラスで囲まれ、高さが1.5m以上あるものは延べ面積に含まれるとされており、サンルームは一定の課税対象となります。

しかし、サンルームの空間的な大きさは、大きな住宅の延べ床面積に比べると比較的小さいため、関係する税金は予見しやすいものです。そのため、サンルームを設置した場合の課税の増加については、事前に把握しておくことをおすすめします。

・メンテナンスが大変

ガラス製のサンルームは汚れが目につきやすいため、コンスタントに掃除を行う必要があります。汚れが付きにくいタイプのサンルームもありますが、壁や天井の掃除は予想以上に手がかかるものです。高圧洗浄機を使用しての掃除がおすすめです。

・部屋の代わりに使用するのは難しい

最近、多くの人がテレワーク用の部屋が不足しているという理由で、サンルームを建てることを考えています。しかしながら、サンルームは完全な部屋として使用することはできません。というのも、温度が安定せず、外部とほとんど同じ環境下で作業を行うことになるからです。

また、ガラス張りの室内は直射日光が強すぎて、パソコン画面が見にくくなる可能性があるため注意が必要です。さらに、湿気がたまるため、パソコンやプリンターなどの精密機器は置けません。また、防音性もないため、Web会議などで話した内容が隣人に聞こえてしまう可能性があります。

・活用目的を明確にした施工場所選びが重要

サンルームはさまざまな用途に活用できる空間です。具体的にご自宅のサンルームをどのように活用したいかを考えてみてください。というのも、その主な用途と自宅の間取りに配慮して配置する必要があるからです。

もし、サンルームを洗濯物を干す場所として主に活用したいのであれば、洗濯機の場所と同じ階に配置するのが良いでしょう。洗濯は毎日のことなので、効率的に家事をこなせるようにサンルームの設置場所に配慮してください。

また、サンルームでお茶を飲んだり、子供の遊び場として活用したい場合は、リビングと繋ぐようにサンルームをレイアウトするのがおすすめです。寝る前に夜空の星を楽しみたいのであれば、寝室に面したサンルームを設置するのも良いでしょう。

「実用的でおしゃれなサンルームをつくりたい」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格