【実例あり】壁付けキッチンを有効的にレイアウトするために必要なことを徹底解説!

新築に設置するキッチンと言えば、料理をしながらコミュニケーションが取りやすい対面式やアイランド型のキッチンが主流となっています。

しかし、生活様式の多様化に伴い、かつての主流であった「壁付きキッチン」が再評価されているのをご存知でしょうか。土地や物件の価格が高騰し、コンパクトな住宅が増えている点などが要因に挙げられます。

そこで今回は、壁付きキッチンの種類やメリット、レイアウトにおけるポイントなどをご紹介します。

壁付けキッチンを有効的にレイアウトするために必要なこととは? 壁付けキッチンの種類・メリットと併せてご紹介

壁付きキッチンとは?

壁付きキッチンとは?

壁付きキッチンは、キッチンの正面が壁に接しているタイプのキッチンです。壁の方を向いて料理等を行うため、背中をリビング・ダイニング側に向けることになります。

壁付きキッチンにはいくつか種類があり、間取りとの相性や生活スタイルを考慮して決める必要があります。ここでは、代表的な壁付きキッチンの種類として、I型・L型・II型・U型の4種類についてご紹介します。

・I型

I型キッチンは、シンク・調理スペース・コンロが一直線に並んだ形状のキッチンです。古くから多くの家で採用されており、最もポピュラーなタイプだと言えます。I型キッチンを壁付けのスタイルにすることで空間がコンパクトに抑えられるため、キッチンのスペースが限られた際も設置がしやすい特徴を持ちます。また、形状がシンプルで工事がしやすいため、その他の形のキッチンと比べて安く作ることが可能です。

・L型

L型キッチンは、上から見た形状がアルファベットの「L」のように設置されているキッチンです。全ての側面を壁付けにすることもあれば、片方の側面だけを壁付けにして、もう片方をカウンターのように活用する方法もあります。L型キッチンを採用することでシンクとコンロの間に広い調理スペースを設けることができるため、料理等の家事がしやすい特徴があります。

・II型

コンロとシンクの設置された台が別々に別れていて、それぞれが並行になっている形状のキッチンをⅡ型キッチンと言います。料理や家事の内容によって効率的に作業を行える特徴があり、対面式・壁付け式キッチンそれぞれの良い部分を取り入れたような特徴を持ちます。

・U型

シンク・コンロが中央のキッチンを囲むように配置されていて、上から見た形状が「コの字型」になっているレイアウトのキッチンをU型キッチンと言います。使いやすいキッチンの条件とされているワークトライアングル(シンク・コンロ・冷蔵庫の導線がトライアングルを描く形状)を実現しやすいタイプのキッチンです。しかし、1人での作業は効率的に行えるメリットがある一方で、出入口が一つしかないため大人数での料理・家事には向いていないタイプのキッチンと言えます。

壁付きキッチンのメリット

壁付きキッチンのメリット

壁付きタイプのキッチンを採用するメリットについて、3つの観点からご紹介します。

・スペースを有効活用できる

壁付きキッチンは文字通り壁にぴったりとキッチンをくっ付けて設置するため、無駄なスペースが生まれにくい形状のキッチンです。その他の形状のキッチンであれば埋まっていた空間を、リビング・ダイニングスペース・カウンターといった空間として有効活用することができます。また、壁付きキッチンと対面する形でカウンターを設置すれば、料理スペースとしてもダイニングスペースとしても活用することができるため、広々としたリビング空間を作りやすくなります。

・動線の無駄が生まれにくい

壁付きキッチンは、料理・家事などの作業における動線の無駄が生まれにくいタイプのキッチンだと言えます。先ほどご紹介した通り、キッチンの真後ろにカウンターを設置することで、料理の受け渡しや共同での調理などがしやすくなります。

・窓 / 換気扇を設置しやすい

壁に設けられた窓がある場合、壁型キッチンを採用することで日中はキッチン周りが明るくなるという利点があります。湯気や熱がこもった際にも窓を開けることで解消しやすくなるでしょう。

また、壁付けキッチンでは換気扇の設置も比較的簡単であり、費用も抑えられるメリットがあります。

・汚れが広がりにくい

壁付きキッチンを選択することで、調理中に発生する煙やにおいが他の部屋に広がるのを最小限に抑えることができます。さらに、前方に壁があるため、揚げ物の際の油飛びや食器を洗う際の水しぶきが広がりにくく、後片付けが容易です。

・作業に集中がしやすい

他のキッチンと比較して、料理に集中できる点も壁付きキッチンならではのメリットとして挙げられます。キッチンが壁方向を向いているため、余計なものが視界に入らず、作業に没頭できます。また、対面式のキッチンと比較して油・水ハネが広がりにくい点も壁付きキッチンの優れた特徴です。

壁付きキッチンのデメリット

壁付きキッチンのデメリット

壁付きタイプのキッチンを採用するデメリット・注意点についてもご紹介します。

・コミュニケーションが難しい

壁に取り付けられたキッチンで調理をすることは、作業に没頭することができるという利点がありますが、家族や訪問者とのコミュニケーションが難しいというデメリットもあります。特に、小さな子供やペットがいる場合は、視界から消えてしまうことに不安を感じる方も多いようです。

とはいえ、作業中に何度も振り返るのは面倒なので、壁付けキッチンの背面にカウンターを設置することで、他の様子を確認しながら作業することができます。

・動線が不便になるリスクがある

メリットとして動線の良さを紹介しましたが、一方で不便になる可能性もあると言えるでしょう。

壁に設置されたキッチンでは、キッチンの背後にダイニングテーブルを配置する場合、食器棚や冷蔵庫はキッチンの側面に配置されることになります。

このため、キッチン内での横方向への移動が頻繁になり、動線が不便になる可能性があります。キッチンの動線を考える際には、シンク、コンロ、冷蔵庫の3つのポイントを結んで形成される「ワークトライアングル」を意識することが重要です。

・外からキッチンの中が見えやすい

壁付きキッチンでは、リビングやダイニングスペースから中の様子を容易に確認することができます。ただしこの点はメリットでもある一方、整理整頓が苦手な人にとっては来客時に「キレイにしておかなくては」というプレッシャーを感じるデメリットにもなり得ます。そのため、キッチンカウンターやパーテーション、ブラインドなどを使用して目隠し施すようにしましょう。

壁付きキッチンをレイアウトする際のポイント

壁付きキッチンをレイアウトする際のポイント

一方、壁付きキッチンにも注意点があります。ここでご紹介する注意点をクリアにすることで、壁付きキッチンの良い点を生かせるよう参考にしてみてください。

・料理中の動線をイメージする

これは壁付きキッチンに限った話ではありませんが、キッチンのレイアウトでは動線をしっかりとイメージ・想定することが重要です。一般的には料理における動作の流れが「冷蔵庫」→「シンク」→「調理スペース」→「コンロ」となるように設計するとスムーズになると言われており、そのような流れで作業ができそうかを具体的にイメージするようにしましょう。

・キッチン前の壁を活用する

先ほどご紹介した通り、キッチンの正面を壁にくっ付けることで有効なスペースが生まれやすいというメリットが壁付きキッチンにもあります。しかしそれは、キッチン前がデットスペースになるという考え方もできます。そこで、キッチン前の壁を有効活用することをおすすめします。例えば、窓を付けることで開放感のある雰囲気を演出したり、小棚を取り付けて収納スペースを設けるなどの工夫を施すことが可能です。

・ダイニングスペースを想定する

キッチンとダイニングは切っても切り離せない関係にあります。そのため、それぞれを独立した空間としてレイアウトを考えるのではなく、必ずキッチン+ダイニングをセットとして考えるようにしましょう。確かにキッチンの機能などについてこだわるのも大事なことですが、設計段階ではそれよりもダイニングとの相性やダイニング空間に置くインテリアとのバランスを考慮して、トータルコーディネートの視点を持つことをおすすめします。

・生活感を隠すための工夫を施す

壁付きキッチンは比較的「生活感」が出やすいタイプのキッチンであり、そのことをデメリットとして考える方も少なくありません。しかし、しっかりと収納スペースを確保しておくことによって、ある程度解決できる問題でもあります。事前に物の配置やしまう場所を念入りにシミュレーションをしておき、すっきりとした空間に仕上げられるような環境を整えておきましょう。

ファミリア施工事例! 壁付けキッチンを採用したお家の実例をご紹介します

最後に私たちファミリアが実際に施工させていただいた中でも、壁付けキッチンを採用されたお家についてご紹介させていただきます。

・夫婦で一緒に立つキッチンがこだわりのおうち

まずご紹介するのは、L型のキッチンを採用されたお家の事例です。以前の住まいではI型キッチンが使われていましたが、子育てを一通り終えた後は夫婦揃って料理を行うようになったという背景がありました。そこで、一緒に立って料理ができる空間を生み出しながらも、ダイニングの広さも確保ができるというメリットからL型のキッチンを採用しました。

夫婦で一緒に立つキッチンがこだわりのおうち
夫婦で一緒に立つキッチンがこだわりのおうち
→→こちらの施工事例をもっと詳しく見る

・土間を内装に取り入れたおうち

次にご紹介するのは、「土間があるLDK」を実現したお家の事例です。「アウトドアとインドアが混ざり合ったような空間」というイメージを具現化するために、土間を室内に設けることにしました。

キッチンもこの土間空間と相性が良いものを選ぼうという観点からピックアップし、木材で作られたタイプのものを採用しています。屋内にいながらアウトドアのようなワクワク感を抱けるような空間に仕上がりました。

土間を内装に取り入れたおうち
土間を内装に取り入れたおうち
→→こちらの施工事例をもっと詳しく見る

「壁付けキッチンのお家を建てたい」と検討中のお客様は、ファミリアへお問合せください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格