2階リビングとは? 設けるメリット・デメリットや気をつけたいポイントについて解説します

2階リビングを設けるメリット・デメリットとは? 後悔しないためのポイントと併せてご紹介します

一般的にリビングは1階に設けられるのが主流でしたが、近年ではビルトインガレージや3階建て・4階建てなど、暮らしの選択肢が広がっていることにより、「2階リビング」というアイデアも一般的になってきています。ただし、2階リビングの設置は将来のことも考慮し、老後に不安なく暮らせることが非常に重要です。

そこで今回は、2階リビングのメリット・デメリットや、後悔しないために意識しておきたいポイントについてご紹介します。リビングを2階に設けることに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

2階リビングのメリット

2階リビングのメリット

1階ではなく、2階にリビングを設けることのメリット・効果についてご紹介します。

・採光性や風通しが良くなる

2階に配置されたリビングは、高い位置にあるため、1階に比べて採光性や風通しが向上します。

住宅密集地では、広い土地を確保することが難しいため、高さのある縦長の住宅が一般的です。このような場合、1階は周囲の住宅によって陰になりやすく、日照や風通しが制限される可能性があります。しかし、2階にリビングを配置すれば、大きな窓を取り付けることができなくても、高窓や天窓を活用することで、光と風を効果的に取り入れることが可能です。

・眺望が良い

2階に配置されたリビングは、1階よりも高い位置にあるためリビングから素晴らしい眺望を楽しむことができます。特に公園など開放的なスペースが近くにある場合、この利点を十分に感じることができるでしょう。

・外からの視線を防ぎやすい

住宅密集地では、周囲との距離が近いことにより、プライバシーの面で懸念が生じることは避けられません。また、周囲の住宅の配置を考慮せずに計画を進めると、「リビングが隣の家と向かい合う」という状況が生まれる可能性もあります。

しかし、2階にリビングを配置することで、お隣さんの視線を気にせずにくつろぐ場所として利用することが可能です。

・快適な開放感

2階にリビングを配置することで、天井が高く、柱や壁が少ない広々とした空間を実現することができます。また、リビングとテラスの高さを調整してフラットなつながりを作ることで、さらに広がりを感じる空間を演出することも可能です。

2階リビングのデメリット

2階リビングのデメリット

一方、2階リビングにはデメリット・注意点もあります。

・上り下りの移動が負担になる

2階にリビングを配置することで、階段の上り下りが増えることは避けられません。特に日常の家事を担当する人にとっては、買い物から帰宅した際に重い荷物を2階に運ぶことは大変な負担となるでしょう。

また、自分自身が年を取ったり、介護が必要な家族がいる場合は、階段の上り下りが大きな負担となる可能性があります。

・夏は暑くなりやすい

2階にリビングを設けると、日当たりの良い空間を作りやすくなる一方で、窓からは光だけでなく熱も入ってくるため、窓のサイズ、配置、向きには注意しなければいけません。というのも、暖かい空気は自然に上に向かって流れる性質を持っているため、2階の室温は高くなりがちなのです。

そのため、2階にリビングを配置する場合、設計段階から屋根断熱など、熱をこもりにくくする対策を考慮する必要があります。

・コミュニケーション不足が生まれやすい

2階にリビングを配置することで、家族のコミュニケーションが不足しやすくなる可能性があります。というのも、2階にリビングを設ける際は、一般的に1階に家族の個室が配置されることが多くなるため、各々の家族を過ごす空間が上下で分かれてしまいやすくなるからです。

家族の個室が1階にあると、家族が外から帰宅した場合にリビングを通らずに直接個室に向かってしまうことになります。その結果、家族が顔を合わせる機会が減少し、コミュニケーションが取りづらくなる可能性があります。

2階リビングに向いている人と向いていない人

2階リビングに向いている人と向いていない人

ご紹介したメリット・デメリットの内容を踏まえ、以下に2階リビングが向いている人と向いていない人のポイントをまとめました。

・向いている人

・1階の日当たりが悪い
・狭小地でのプライバシー保護を重視したい
・バルコニーとリビングを結びつけたい
・広々とした空間を作りたい
・ロフトを有効活用したい

上記のような要望をお持ちの方にとって、2階にリビングを配置することは適していると考えられます。

・向いていない人

・家を建てる敷地が広い
・高齢者の介護が必要
・暑さに弱いペットを飼っている

上記のような条件に当てはまる人は、2階にリビングを設けることを慎重に検討するようにしましょう。

2階リビングで後悔しないために意識しておきたいポイント

2階リビングで後悔しないために意識しておきたいポイント

2階にリビングを設置しても後悔しないために事前に意識しておきたいポイントについてご紹介します。

・バルコニーを広くしておく

2階にリビングを配置する際には、庭へのアクセスが制限されるため、広いバルコニーを設けることをおすすめします。バルコニーを広めに作ることで、子供たちの水遊びやガーデニングなど、様々な活動を楽しむことができます。

さらに、広いバルコニーなら洗濯物を干すスペースとして利用することも可能です。2階に洗濯機などの水回りをまとめることで、洗濯作業を効率化することができるでしょう。

・階段に踊り場を設ける

階段は家庭内での事故のリスクが高い場所のため、特に老後を考える際には注意が必要です。一直線の階段だと、転落した場合に一気に下まで落ちてしまう可能性があるため、おすすめできません。

安全性を考慮する際には、踊り場のある階段を選ぶと良いでしょう。また、スペースに余裕がある場合は、段差が緩やかで、1段あたりの踏面が広い階段を設計することで、上り下りが楽になります。

・1階にも生活機能を揃えておく

将来的に階段の昇り降りが難しくなった場合に備えて、1階に生活機能を配置しておくと安心です。

具体的には、トイレやお風呂などの水まわりを1階に配置すると良いでしょう。また、1階に寝室として利用できる部屋を作ることで、将来的には1階だけでも快適に生活できます。

・適切な窓の配置を考える

2階にリビングを配置する際には、リビングの方角や窓の配置も重要な要素です。日当たりを考慮する場合は南向きが理想的ですが、夏には過熱に注意が必要です。

西側は西日が眩しいため、大きな窓の配置は避け、遮熱機能のある窓ガラスやシェードの設置などの工夫により、日差しを遮るようにしましょう。

「快適な2階リビングのお家を建てたい!」と検討中のお客様は、ファミリアへお問い合わせください

私たちファミリアはつくば市・土浦市・牛久市・水戸市を中心に茨城県で注文住宅の建築を請け負う工務店です。ナチュラルなおうち、モダンでスタイリッシュなおうち、あたたかみのあるおうちなど、幅広いお家を施工しています。また、「おしゃれな家は『高く』ない。」という理念のもと、ローコスト平屋住宅を提供しています。

もしご興味を抱いていただけましたら、ぜひご来場予約をお願いします。LOWコストHIGHセンス住宅のご提案をさせていただきます。

▶︎▶︎つくば市の注文住宅ならファミリア株式会社

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格