WICあるある

WICあるある

WICは人気のひとつのお部屋です。

寝室に隣り合わせるというお考えが王道ですが、リビングに。またはファミリークローゼットとしてリビング近くに。子供部屋に。洗面所の近くに。という声が多くなってきました。

今までは、寝室に隣り合わせというお考えの方が多かったですが、最近では、そうではなくなってきました。(今までのお考えの方に否定しているわけではありません。)

一戸建てに住む前の賃貸等を軸にお考えの方が多く、どちらかと言えば、WICが夢だと言う方が増えた気がします。それは、賃貸でWICがある物件が少ないこと、住宅を考え始めた方が見る情報などに取り上げられていることが増えたと感じるためです。

そういった方へご案内する内容としては、WICとは、歩いて入るクローゼットの為、歩くスペースがあるのですが、WICの大きさすべてが収納にはならないということです。

例えば、3帖のWICの収納力って、クローゼットだと収納力が何畳分かご存じでしょうか?

実は、歩くスペースを踏まえると、2帖しか収納スペースはありません。

3帖なのに、2帖しか収納力がないんです。

しかも、夏物、冬物を一緒に収納する(洋服以外に布団もです。)ということよりも、季節ごとにクローゼットを分けるという選択をする方が良いと言うお客様もいらっしゃいます。

クローゼットで季節ごとに分けて配置をすれば、衣替えをする必要がなくなります。

また、ご夫婦で別々のクローゼットで使用するというお客様もいらっしゃいます。

ご夫婦様のモノとは別のご家族のスキーウェアやスノーボードウェア、ゴーグルや手袋、インナー等、季節イベント用品として別に分けられていた方がラクですよね。

今までは、クリアケースに収納していたというお声が多いですが、いざ、スノーボードへ行くのに、クリアケースが何段も積み重なっている一番下にその用品があったとき、取り出すのに大変ですよね。

そういったことまで、お聞かせ頂き、収納スペースについてご提案しております。

そのため、WICが収納の全てではないんです。

上記はあくまでも概略な為、詳細についてご興味がございましたらお気軽にお声掛けください。

カテゴリー: トピックス, 収納, WIC パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格