外構工事の考え方

家づくりをする上で、建物のデザインも重要ですが、敷地内の外構工事も間取りと同じくらい重要です。外構工事のこだわりポイントってどういう所かってお話ですよね。

まずは、家族みんなが、「ただいま」と帰宅の時に家の中に入るまでの動線。「行ってきます」と玄関から出て、車に乗るパパもいれば、自転車にまたがろうとするお子様、休みの日もあればお仕事や学校の日もあります。さらに、ゴミ捨ての日は、家の中からゴミを持っていきたくないので、外にゴミのストック箱を置いておくというお考えの方もいらっしゃいます。雨の日は、車まで濡れずに行けるとストレスないですよね。ガレージやカーポートといったものがあるかないかで住みやすさがガラッと変わります。

  ↓は、イメージです。

1.平日と休日のご家族の動線を考える。

2.動線上に必要な物を考える。
 ・ゴミのストック箱orスペース
 ・カーポート など

3.駐車場所と台数を決める。

4.表札・ポストの位置を決める。
 ・門扉の有無など

5.各仕様を決める。
 ・材質や色合いなど

オーソドックスですが、建物の間取りを考えるのと一緒です。

せっかく新築で建てたのに、不便に感じる所がたくさんあるとイヤですよね。

そのためにも、外構工事に関して私たちは重要に考え、ご提案させて頂いております。

カテゴリー: エクステリア パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格