平屋と2階建ての違い(間取りや動線と将来のことを考えたお家づくり)

平屋と2階建て どちらがお好みでしょうか?

お客様によって外観や使い方などで異なりますが、それぞれ良いところがあります。もちろんデメリットもありますので、お客様に合った形をお選び頂くことが一番です。

今日は平屋について少しだけメリットをご紹介します。みなさまご存じのように、なんと言っても、段差がないので、『ラク』と『安心』

『ラク』とは、家事動線が同じフロアな為、ラク。

『安心』とは、将来何があるかわかりません。万が一の車いす生活になった時でも平屋だと安心。もちろんドアや廊下は車いす対応の広さ、ドアです。

ビックリすること1つ言っちゃいます!

それは、同じ間取り(例えば3LDK)を平屋と2階建てで建てた場合、平屋の方が小さく建てられちゃうんです。

理由は、2階建ての場合、1階と2階に階段スペースがありますよね。また廊下や2階トイレなどをあわせると、平均的な大きさで約6坪も2階建ての方が大きくなります。と、いうことは、床面積が同じ間取りなのに平屋の方が小さいということは、〇〇〇〇税が安くなるということになります。(あくまでも参考のお話です。)

また、太陽光発電システムを搭載する場合、2階建ての屋根面積よりも平屋の屋根の方が約2倍大きいため、搭載量も約2倍になり、電気の自給生活を送る今後にとって合っているかもしれません。

平屋のこと、2階建てのことについて、もっとお聞きになりたい方は、お気軽にお声かけください。

カテゴリー: 住宅について, 平屋 パーマリンク

監修者

池田 恵子

ファミリア株式会社 取締役

略歴

  • アトリエファイ建築研究所
    (建設・現場監理に従事。)
  • 池田林業株式会社
    (設計・現場監理に従事。後に取締役に就任し現在に至る。)

資格